読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

乙女の破滅

古川:女社畜(25)趣味はアイドル ハロプロとJが大好きです

今さらながらAcrobaticの感想を書いてみた

少年倶楽部で「Acrobatic」が披露されて、しばらく。感想のようなものを書いてみようとしては挫折、また書いてみようとしては挫折、を繰り返し、気づけば、かなりの時間が経っていました。

そもそも、感想を書こうとしては何度と頓挫した理由なんですが、まず自分が曲の良し悪しを測れるような物差しをまったく持ち合わせていなかった、という点がひとつ。音楽経験なんて、小学校~高校半ばまで嫌々習っていたピアノぐらいです。うわ~本当人並み。

ただそれ以上に、今回ばかりは、いくら冷静になっても浮かんでくる言葉が「ありがとう」しかなかったんだよ、くっそ~本当に良かった!という良い訳。

ありがとう、本当にありがとう。初披露回の少クラ、控えめに言っても50回は見てるけど、未だに頭の9割がそれで埋まってます。アイドル業界、というか音楽業界について、まったくよく分かってないけど、Snow Manについてるプロデューサーさん、というかこの曲を作った人、決めた人、貴方が神です。神様、マジでありがとー!

「ZIG ZAG LOVE」といい、ガシガシ踊れる年長ジュニアグループにあえて正統派アイドルソングをぶつけるセンスをただただ崇めたい。ブログ開設している割に貧困なボキャブラで恐縮ですが、歌詞だって要約すると、一緒に幸せになろうよ(?)みたいな感じじゃないですか。ズルい。ズルすぎる。

奪い去ってやる、的な†狂愛†路線でもなく、君がいなくなって気付いた…、的な†刹那†路線でもなく、これぞジャパニーズアイドルソングってぐらい甘口に味付けされた歌詞と覚えやすいメロディが、ただただ良い、可愛い、幸せ。Aメロでまさか「恋の魔法を今夜見せてあげようか」なんて歌詞が出てくると思わなかったよ。大サビに持ってきたって良いぐらい甘い。それをあのタイミングでサラっと歌っちゃうんだもんなあ。開始40秒でズドンと打ち抜かれました。やっぱアイドルソングはこうじゃないと。メキメキラブ様様です。

Snow Manにハマって以来、誰に布教しても「ジャニーズ顔じゃない」とか「華がない」とか手厳しいこと言われて、若干落ち込んでたんですが、今なら自信を持って断言出来る。彼らはジャニーズオブジャニーズです。広告代理店の偉い人、どうか彼ら6人をフルーツガムに起用してください。もしくはアイスでも可。某にのあいのせいか知らんが、昔からアイドルすなわちアイスのCMやってるイメージが強くて困ります。レッツプス!

個人的に「ZIG ZAG LOVE」が本当に大好きで、これ以上のアイドルソングはもうしばらく出会えないんじゃないか、と思っていたんですが、まさかの連続ヒットで、Snow Manは本当に曲に恵まれてるなあ~ありがとう!ありがとう!と、素直に感動してしまいました。複雑なフォーメーション移動と難解すぎるアクロバティックの連続に、途中から「この子たち何してんの…?」と思ったのも事実ですが、ラスサビで横一列に並んだのは正解オブ正解だった。壮観、そしてこみ上げる圧倒的多幸感。これがジュニアの真髄です。